キッズ

お受験する時に知っておくべきこと|幼稚園によって試験内容は違う

塾が早いと感じるなら

女の子

小学生低学年のうちから英語になれさせておきたいなら、テスト勉強として塾に通わせるのではなく、英会話教室や教材を使いましょう。現在では、タブレットやスマートフォンに遊ぶようにして学べるアプリケーションもありますので、まずそちらで英語に慣れさせるのも良いです。

もっと読む

広がる幼少期の受験

子供

受験の内容とは

幼稚園の受験は、主に考査と面接になります。考査は、子供たちを遊ばせるなどする中で、それぞれの能力を見ることです。知能をはじめ、運動、芸術能力、生活習慣や社会性など、その幼稚園で求められる基本的な能力が試されます。面接は、親子で面接する場合、親だけ、子だけの場合などいろいろな形式で行われます。尋ねられることは志望の理由はもちろん、しつけや趣味、家庭での生活や教育方針など、その幅は広いです。子供は名前や好きなことなど、質問内容はシンプルですが、きちんと答えられるか、元気はよいかなどをチェックされます。受験を受けるにあたっては、検定料を支払うことが求められます。福岡では数千円のことが多いですが、一万円以上かかることもあります。

受験者数が増える理由

福岡で幼稚園受験を受ける子供が増えている理由の一つとして、内部進学できることが挙げられるでしょう。福岡の附属幼稚園などでは系列の小学校へ自動的にエスカレーター進学できるため、一貫した学習方針で学ぶことができ、教育効果は非常に高いと言えます。また、小学校受験の必要もなくなり、親も子も負担が軽減されます。そして、環境変化が少なくなることも、子供にとっては大きいです。幼稚園時代から、長ければ高校まで同じ顔触れとなりますので、友達と別れる心配もなく、落ち着いた環境で過ごせます。福岡には幼児教育や小学校受験への理解が、深い幼稚園も多いです。保育時間が短めになっており、終わった後習い事に行けるようになっていたり、早期教育に力を入れているところもあります。

国内で本格的な英語を

男児

日本に住んでいる外国人の子供が通うのがインターナショナルスクールであり、英語を学ぶために日本人が通うこともあります。日常会話も授業も全て英語で行われるインターナショナルスクールは生きた英語を身に付けることが出来る環境となっていますが、そのためには基本的な英語能力が必要となるので注意も必要です。

もっと読む

子供向け学習教室

女児

幼少時にしかるべき教育を与えると、子供の知能が大きくアップします。こうした理由から、2歳児から6歳までの幼児教育を行っているのが、吉祥寺の幼児教室です。体験授業を利用すると、授業の雰囲気や内容が分かります。

もっと読む